大阪市で小児矯正ならライフ矯正歯科(LIFE×KID'S矯正)へ

叢生(らんぐい、デコボコ)

近年食事の軟食化などによってアゴが小さくなってきていると言われています。それに伴いアゴと歯の大きさのアンバランスな状態となり、歯のデコボコを生じたお子様が増えています。健全なアゴの発達を促す上で早期の対応が大切です。

治療開始時期

ライフ歯科では様々な方法を用いて歯とアゴのアンバランスの解消のためにアプローチを行っております。例えば5歳ごろからアゴの小さく叢生が起きているお子様に対して、アゴを広げる装置を使っていただいております。永久歯がきれいに並ぶアゴの大きさがどれくらいか?自然な成長によりどれくらい大きくなるかを予測しそれぞれのお子様にあった装置をチョイスしていきます。

叢生(らんぐい、デコボコ) 叢生(らんぐい、デコボコ)

矯正装置

小児プレート型矯正装置(拡大床):アゴの骨を広げるためにマウスピース型の装置を食事や歯ブラシのとき以外のできるだけ長時間装着していただきます。

小児プレート型矯正装置

治療期間

1.5〜2年間

大阪ライフ矯正歯科の二段階矯正のコンセプトに基づき治療開始のタイミングを検討します。また、アゴの大きさや発育の程度により、治療の期間や内容は変わります。しかし早めの対応が良い結果を生むことが多いので、早めにご相談いただくことをお勧めします。

歯並び無料診断