大阪市で小児矯正ならライフ矯正歯科(LIFE×KID'S矯正)へ

側方交叉咬合(あごの横ずれ)

どうやって治すの?

子どもの矯正の目的は、歯の凸凹やすきっ歯の改善することではありません!
永久歯が生える為の隙間を十分確保することはもちろんですが、成長期である

ことを最大限利用して、上アゴ、下アゴの骨格的なバランスを整え、正しいアゴの成長を促し、さらには唇、舌の機能をできるだけ正常に近づけることにあります。骨格の改善や機能の改善はこの時期を過ぎると非常に難しい治療となります。
ライフ歯科では骨格レントゲンなどの精密検査のから、お子さまの成長のタイミングをみて最も効果的な時期に治療を開始しております。

大人の歯に生え変わってからではだめですか?

お子様の時期の矯正治療は、成長発育の時期であり、将来永久歯で正常な咬み合わせを獲得する為のアゴの成長を正しい方向へと促すことができます。成長が終わってしまうとアゴの位置や大きさを変える骨格からの改善は難しくなるので 生え変わる前が最適です。 ライフ歯科では、お子さまの矯正治療から始めていただいても、大人になってから始めても、治療費総額に大きな差は生じません。おかしいかな?と思ったらお早めにご相談ください。

早く治した方が良いの?

状態によりますが早ければ早い程、ご本人の負担は軽くて済むことが多いです。年齢が高くなると、治療法の選択肢が狭くなります。ただ、経過を観察した方が良いこともありますので、ご相談いただくことが最も良いでしょう。

一度直せば大丈夫なの?

定期健診を続けることが必要です。歯並びを治してもお子様の成長に合わせてアゴの形も変わります。できるだけ良い状態をキープしていだだく為にも定期的なチェックは必要です。
歯並び無料診断